07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

ハワイアンコア

2009.03.13 (Fri)

やっぱり、木目が良いですね。

ハワイアンコア!!

太古の昔よりハワイの人達はコアの木を神が宿る神聖な木として崇めてきました。

現在はハワイ州政府により伐採規制を受け守られています。

まぁ森というものは、放っておくと荒れてしまいますので、ハワイ州政府は極限られた人に伐採権利を与えて、発芽→成長→伐採→伐採した周辺を土をまわし整備(発芽に良い土地環境を作る)→古木の養分で新芽が発芽という自然環境の循環を目的として、コアの成長速度(40年サイクル)で森が一巡する様に伐採をしているそうです。

まぁワシントン条約によって規制されている樹種ではないので、日本でも入手はできますが高価な材であることに違いはありませんね。

ちなみに、マホガニーは乱獲がすすんですべての種がワシントン条約により規制されているそうです。

ギター材なんかでマホガニーと称して書かれているもので現在日本で手に入るもののすべてがホンジュラスマホガニーらしいです。

ホンジュラスマホガニー(オオバマホガニー)は比較的入手が困難ではないらしいですけど・・・

一枚板、畳1畳分ぐらいの、厚さが6センチ程度の板1枚20万近くしますね。

まぁ無垢板となればそれ相応かと思いますが・・・

コアで同じサイズの無垢板があったとすれば、間違いなく100万はするでしょう。

コア材を使った有名なものといえばウクレレ・・・

そんなウクレレの値段見て、やはり・・・

それなりにするもんですねぇ・・・


渓流用ネットの行き先がありません、誰か2マンぐらいで引き取ってくれる人いないですかねぇ・・・
SN3D0200.jpg


ちなみに、コアの渓流ランディングネット・・・
材料費のみの値段で1万ちょっとかかってます。
それ以外にも、鋸刃やらペーパーやら何やらと・・・
曲げのときの熱源費用やら何やら・・・

どうにも、製作費用計算すると・・・
銘杢ランディングネットの場合、原価で1本単価、1万ぐらいかかってるようです。

次作のネット、コストを抑えて作る方向で考えてますけど、材のみですでに5千円を超えてます。

そうやってコストを抑えたネットにしても1万はかかることを考えると・・・

コア材のネットは、それ相応の値段でないと、やはり採算が取れない現実・・・

ショップにおいてもらうのが良いのかなぁ・・・

色々考えますけど、知り合いの知り合いとかでも使ってくれる人がいるなら、その方が良いかなぁ・・・

テーマ : その他 - ジャンル : その他

00:06  |  未分類  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

Comment

OSAくんが、植物園とか行ったらきっと観点が違うんだろうなぁwww
何か面白いね^^
BabyGang |  2009.03.13(金) 22:18 | URL |  【編集】

>>BabyGangさん

確かに^^
植物園とか動物園とか・・・
一般的観点で見ないですね(笑)
種のルーツとかそう言うのの方が興味有りますwww

後、街路樹のトチとか見ると、樹皮からめっちゃ縮んでるぞコレみたいなのが・・・
感覚的に解ったりして、切って製材したくなります(笑)
OSA |  2009.03.14(土) 02:39 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://osacraft.blog115.fc2.com/tb.php/26-3af1c27b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。